FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Illustratorで作成した画像を加工

株式会社リンシュンドウのスタッフの岡本です。
今回はIllustratorで作成した画像をRSD-SUNMAX-GS4030を使用して加工します。
作成した画像を彫刻加工するには網化を行うか、階調表現なしのベタ彫刻を行う方法がありますが
今回はIllustratorを使って全てのオブジェクトをアウトラインパスにして加工を行いました。
網化画像やベタ画像は彫刻しか出来ませんが、アウトラインパスにしたデータは切断と彫刻が可能です。

素材はカラーボードを使用して、彫刻加工と切断加工を行います。
カラーボードは素材的に燃えやすいので加工設定は抑え目にしました。
青色レイヤーの切断で スピード:100 レーザー出力:20 コーナー出力:20 重なり:0.1 です。
赤色レイヤーの彫刻で スピード:100 レーザー出力:20 走査間隔:0.02500 です。
黒色レイヤーの切断は スピード:100 レーザー出力:30 コーナー出力:30 重なり:0.1 です。  

加工を行った結果がこちらです。


スポンサーサイト

ゴムの加工

株式会社リンシュンドウのスタッフの岡本です。
今回はゴムを加工してゴム印を作成しました。
レーザー加工機はゴム印を作るのにとても適しています。
使用した素材はレーザ用ゴム板 オリジナル 赤 厚み:2.8t を使用しました。
こちらで購入出来ます。
機体はRSD-SUNMAX-LT5030を使用しました。
この機体は新たに販売しているシリーズで手軽な金額で手に入れる事が出来る本格的なレーザー加工機です。
今回は文字の線幅が異なるイメージデータを二つ重ねて加工(2度彫り)を行いました。
2つのイメージデータはレイヤーを分けます。
加工モードはどちらも彫刻にします。

①線幅を0.05mm太くしたビットマップデータ
スピード:150
出力:15
走査間隔:0.0250

②線幅を0.2mm太くしたビットマップデータ
スピード:150
出力:30
走査間隔:0.0250



加工データの詳細な作り方に関しては
「LaserCutLT編」「Illustrator編」「LaserMarking編」
作業事例集で閲覧する事が出来ます。(資料閲覧にはPWが必要です)


実際に紙に押印しました。
プロフィール

岡本

Author:岡本
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。