FC2ブログ

印鑑の彫刻

株式会社リンシュンドウのスタッフの岡本です。

今回は印鑑を製作してみます。
印鑑は0.1mm以下の位置ズレでも、人間の目には印影がはっきりとずれていることが分かり、失敗してしまいます。印鑑を作る上において、正確な位置合わせが最も重要な要素になります。

動画では、柘、黒水牛、牛角を使用して、データの作成から捺印までの一連の製作工程をチュートリアル形式で詳しく説明しています。動画の説明に従って作業をすれば、位置ズレなどの失敗はなく、製作することが可能です。

今回は3つ爪チャックを使用して印材を保持しています。これは、一般的な印材自体の加工精度が、印面を彫刻する上に必要な精度に対してバラツキが大きいため、印材の中心座標を決めて加工を行った方が、より正確な加工が出来るためです。
印材の円周上の任意点を位置決めの起点にする場合、位置決めはより困難になります。

動画

柘 φ13.5 (2013/10/31 更新)


牛角 φ15.0 (2013/10/31 更新)


黒水牛 φ18.0 (2013/10/31 更新)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

岡本

Author:岡本
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR